FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

2013避暑の旅(1) 久住山

2013避暑の旅(1) 久住山

夏に久住高原に来る目的はのんびり木陰を愉しみたいのと
涼しく夏山登山をすることなんだけど、
今年の猛暑は標高1,000mでも蒸し暑さを感じてしまう。

もう一つの目的はシフォンの里帰り。
アイス屋さんで普段食べないパフェやらコーヒーをいただきます。
20130824_budou.jpg
■ぶどうタルト

見た目でこれにしたんだけどここ『リフレッシュメンツ』さんで
食べるならジャージーソフトクリームだな。
濃厚で犬も食べれるし。


この後、小国から黒川温泉を通って、牧ノ戸へ向かう途中から
大雨になってしまい、再び南小国まで戻って道の駅泊でした。


2:00起きの3:00出発。
4:00の牧ノ戸登山口の駐車場はすでに2,30台は停まってました。
この時間では山頂でご来光を見るのはあきらめました。
20130820_fran.jpg
■西千里ヶ浜ではすでに夜明け

朝露の輝く登山道も良いものだね。緑が輝いて。

20130820_sasa.jpg
■久住別れ付近

20130823_kazoku.jpg
■岩の上にカメラを置いて家族写真をパシャリ

レオンは大きいなぁ。体重5.5kgの抱っこはきつい。

7:15 久住山頂着。
登山者意外と少ないのは、みんなもう中岳とかに向かっているからだろう。
20130820_1768.jpg
■この時間でも暑さでバテバテのレオン
 1,786mまで登ったんだから偉いよ。
 しかもはだしで。

フランとシフォンは半分は抱っこされていました。
こんな感じで↓
20130820_fran2.jpg
■抱っこ用バッグで脱力状態のフラン

下山中レオンは熱中症になったのか、目もうつろな感じに
なったので木陰で休み休み、お腹に水をかけたりしながら
最後は抱えて登山口まで帰ってきました。

もう10:00だったかな。

レオンももう7歳(シニア)。
体はいたわらないといけないな、と反省した夏山登山でした。




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。